ホワイトニング以外で効果的な歯を白くする方法

ホワイトニング以外で歯を白くしたい方へ

歯医者のホワイトニング以外で効果的な歯を白くする方法を探している方が実は多いんです。

 

歯医者のホワイトニングと言えば、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング。

 

でも、あなたは、ホワイトニング以外で歯を白くする方法を教えて欲しいんですよね。

 

そもそも、なぜ、ホワイトニングじゃだめなのか、ある方(Aさん)の理由をあげてみます。

 

Aさんは、虫歯になったことがないけど、コーヒーをよく飲んでいるせいか、歯の黄ばみが最近気になってきた。

 

口臭はないけど、人前で笑うのがちょっと。

 

Aさんなりに、歯を白くしようと、市販の漂白作用のあると宣伝されている歯磨き粉を使ってみたけど、効果なし。

 

歯医者のホワイトニングは費用が高過ぎて却下。

 

Aさんの悩みですけど、あなたも同じような悩みでしょうか。

 


スポンサードリンク

 

女性歯科医の意外な回答

私の予想では、ホワイトニング以外で歯を白くする方法は、「歯のマニキュア(ホワイトコート)」でした。
安くて、安易にできるからです。

 

でも、専門家の回答は、私が想像した短絡的な歯の白さではなく、もっと、将来のことまで考えた方法でした。

 

Aさんの悩みに女性歯科医は意外だけど的確な回答をされてます。

 

女性歯科医が疑問に思ったのは、なぜいきなりホワイトニングなのか。

 

世の中の「歯を白くする=ホワイトニング」という図式に踊らされているのではないか。

 

女性歯科医は基本に戻った説明をしています。

 

女性歯科医はおすすめする効果的な方法は「歯のクリーニング」

 

コーヒーの着色であれば、まず、歯のクリーニング。
歯磨きで取れないステイン(着色汚れ)をエアーフローという装置で落とします。
コーヒーによって変色している固い歯垢も取ります。
最後にフッ素などのトリートメントを行います。
トリートメントケアを行うと、歯の表面の凹凸を平らにすることにより、表面がツルツルした状態になるので汚れの再沈着を防げます。

 

歯のクリーニングでは実際、芸能人のような真っ白い歯にはなりませんが、汚れのない歯本来のきれいな歯に戻ります。

 

Aさんの悩みである費用についても、歯石があれば保険適用となり、1回3千円程度。

 

安い費用で可能です。

 

でも、着色が頑固だと、1回の通院では終わらないかも。

 

また、コーヒーを今後も飲み続けるなら、また、歯の黄ばみは気になってくると思います。

 

そんな時は、歯の定期検診がおすすめ

 

3か月〜6か月に1度、歯のクリーニングで、いつもきれいな歯。

 

あなたの悩みである、人前で話すことも、気にならなくなります。

 

女性ならではの歯を白く見せる方法

男性にはちょっと無理な方法です。

 

あなたの歯の色が目立たないように工夫するんです。

 

あなたの肌の色、口紅の色、そして問題の歯の色。

 

ファンデーションの色、口紅で試してみるといいですよ。

 

化粧の仕方、配色によって、あなたの歯が目立たなくなり、相手から気にならなくなります。

 

でも、困ったことに、何色がいいの?と聞かれても、個人差があるので、しっかりアドバイスできないのが残念です。

 

でも、ぜひ、試してください。きっと、あなたにあう化粧があるはずです。

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇒あなただって簡単に自宅で歯を白くできる、おすすめ歯磨き粉ランキングはコチラ

 

 

 

 

スポンサードリンク