炭酸水でダイエット効果、でも歯が黄ばむのは嫌だ!ホワイトニングしないといけないかも?

炭酸水を飲んでいる方へ

炭酸水、流行ってますよね。

 

あなたもダイエットのために、飲み物といえば炭酸水ですか?

 

ふと、自分で歯を磨いた後に鏡で歯を見ると、、歯がまだらほどじゃないけど、ちらほら黄ばんでいるような?

 

そんなあなたは、炭酸水の飲み方(飲み過ぎ)を間違ってます。

 

炭酸水の飲み過ぎは効果紙一重!

 

いますぐ、炭酸水を中止してください。

 

理由をこれから、あなたに説明しますので参考にして下さい。

 


スポンサードリンク

 

炭酸水の功罪

炭酸水ってネットで調べるととても面白い飲み物です。

 

おもしろいというか、判断難しい飲み物。

 

炭酸水の効果・メリットとして、一番に紹介されているのはダイエット。

 

内容を読むと、体にいいし、ダイエットまでできるなんて、飲まなきゃ損みたいに書いてます。

 

かたや、「炭酸水 歯」でネット検索してみると、デメリットばかり。

 

飲み過ぎのデメリットの例として、「歯が黄ばむ」、「歯が溶ける」、「ホワイトニングでも修復不可能」なんて、正直動揺しますよね。

 

あなたが今ダイエットのために炭酸水を飲み続けている、もしくはこれから飲もうと思っているなら、正しい飲み方をマスターしてください。

 

炭酸水のメリット

もちろん、ダイエット効果もあるとされてますが、他にもありますので紹介します。

 

疲労回復

あなたも経験してると思いますが、たまに運動すると体に異変。

 

筋肉疲労で乳酸がたまった状態に。だるいですよね。

 

そんな時、炭酸水を飲むと乳酸をとってくれるので体が楽に。

 

スポーツ選手も運動後に愛用しているとか

 

便秘解消

炭酸のシュワシュワが腸壁を刺激して、腸のぜん動運動(うんこを排出する動き)が活発になります。

 

便秘症の方は炭酸水を飲むだけなので続けやすいそうです。

 

血行促進

炭酸水を飲むと血流が多くなるので、体のすみずみまで、血が流れ、冷え性の改善に。
肩こりにも効果があるとか

 

ダイエット

食事前に常温の炭酸水を500ml飲むと、お腹が一杯になるので、その後の食事量がセーブされ、結果ダイエットにつながります。

 

ポイントは常温です。
冷えた炭酸水を飲むと胃を温めようと、胃に血流が集中し炭酸水はすぐ腸へ流れ、胃が活発になり食欲増進となるので注意。
150ml(コップ一杯)の冷えた炭酸水はほんとに食事がおいしくなるので、ダイエット中は辞めたほうがいい。
(林先生の初耳学で紹介されてました)

 

美肌効果

血行促進により、肌の新陳代謝が活発になることから、肌の老廃物を排出し、新しい肌が出てくるために、美肌効果が期待できるそうです。

 

炭酸水の飲み過ぎデメリット

デメリットはしっかり把握しといてください。

 

歯が溶ける、黄ばむ

歯が黄ばむというのは、歯が溶けることによって、歯にキズができると、歯のステインがつきやすくなって、結果歯が黄ばむということです。

 

小さいころ、コーラを飲み過ぎると歯が溶けて黒くなるって言われませんでした?

 

まんざら、嘘でもないようです。

 

炭酸飲料ですから、飲んでると口内が酸性になります。
すると、虫歯菌が元気になり、そしてコーラの糖分をエサを活性化。
歯が溶け、虫歯という最悪の結果に。

 

ほかにも、クエン酸の入った炭酸水とか。

 

寝る前に炭酸水を飲むのもやめてください。
口内が酸性になってるのに、睡眠中は唾液が減るので、ますます悪玉菌が発生、活発化。
虫歯、歯が溶ける、歯周病とかいろんな問題が。

 

治すのに、ホワイトニングどころか、高額なかぶせ物「セラミッククラウン」をすすめられるかも。

 

食欲増進

メリットで書きましたが、おいしく炭酸水を無理なく飲んでいると、食欲増進となり、ぽっちゃりになるかも。

 

アルコールと混ぜるとまたおいしさアップ。カロリーの取りすぎに注意。

 

むくみやすい

飲み過ぎると、血中の水分が多くなり過ぎ、排出限度をこえると、むくみの原因になります。

 

炭酸水の正しい飲み方

ダイエットを目指して炭酸水を飲むなら、1日1回夕食だけと決めて、食前に500mlを常温で飲むことをおすすめします。

 

500mlといえばペットボトル1本。

 

毎回、食事のたびに飲むのはキツイし、その上飽きる、ダイエットの脅迫観念で飲んでいるとストレスになります。

 

あと、寝る前の炭酸水は厳禁。

 

ちょっと変な話ですけど、炭酸水を飲んだあとに、水を飲むと口内の酸を洗い流してくれるそうです。

 

歯が黄ばんでしまったあなたへ

歯が黄ばんでいる、歯が溶けてる、キズがはいったは、酷な言い方ですが、もう元にはもどりません。

 

キズ程度なら、歯医者へ行って、歯のクリーニングで黄ばみをとり、PMTCで表面研磨(保険外治療)、そして歯の表面をフッ素コーティングしてもらうこともできます。
歯が溶けてるなら、差し歯に変えるなど。

 

気になるなら、歯医者へ相談してください。

 

あなたご自身ではどうしようもありません。

 

結論、炭酸水の飲み過ぎ要注意

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

⇒あなただって簡単に自宅で歯を白くできる、おすすめ歯磨き粉ランキングはコチラ

 

 

 

スポンサードリンク