赤ワイン飲んだあとの歯磨きで間違ったホワイトニング

赤ワインで黒くなった歯を戻す間違ったホワイトニング

赤ワインを飲むと、歯が黒くなることで悩んでいる人がたくさんいるようです。
実際、ホワイトニング方法がわからないという方もたくさん。

 

「家飲みで歯が着色しても我慢できるが、外食で飲むときにこんなに黒くなるなら、恥ずかしくて外では飲めません。」

 

わかります、その気持ち。だって、これがデートなら、食事したあとに気持ちよく遊べませんよね、歯が黒いのに。

 

では、赤ワインとお歯黒について代表的な質問に対するよあるく回答を見ていきます。

 

この中で致命的な回答がありますので、最後までお付き合いください。でなければ、ワインをやめるか、歯がボロボロになるか、あなたはどっち!


スポンサードリンク

赤ワインとお歯黒についてのQ&A

質問1.赤ワインを飲むと歯が黒くなります。飲む前になにか予防法があれば教えてください

正直、予防法はありません。嫌なら飲まないことをおすすめします。デートなど大事な食事なら量を控えるとか

質問2.赤ワインを飲んでる最中に少しでも歯が黒くなるのを抑えるにはどうすればいいですか

定期的に水を飲む、うがいをすることですね。あと、水より効果的なのはパン(バゲットなどのフランスパン)をかじること。パンの表面の固いところが歯の表面の色や舌の色をとってくれます。

質問3.赤ワインを飲んだ時に、歯は薄黒くなるんですが、歯茎と歯の境は黒くなります。この色の違いはなんでしょうか

あなた、歯磨きが下手だと思われます。もしくは歯並びが悪くちゃんと磨けていないようです。黒くなっている部分はきっと歯垢・歯石ですね。歯石は白いので染まると目立つようです。

質問4.赤ワイン飲んだあと、黒い歯はどうすれば落とせますか

丁寧な歯磨きをすれば落とせます。

 

以上よくある質問・回答でした。この中で正しい回答ですが、間違えたやり方をすると歯がボロボロになります。もうわかりましたか?

 

答えは質問4.の回答です。

 

正しい回答は、「食事後1時間くらい経過後に丁寧な歯磨きを実施してください。」

 

赤ワイン飲んだあとの正しいメンテナンス方法

もう少し詳細に説明しますね。
まず、食事後すぐは水でしっかりうがいしてください。この時に歯磨きをしたらダメです。すぐにきれいにしたいかもしれませんがグッと我慢です。

 

理由は歯の表面をタンニンや酸が覆っているために、歯が極端に言うと柔らかくなっている、または溶けかかっているような状態です。

 

この時に歯磨きをすると歯の表面がボロボロになります。表面がガタガタになればますます歯の汚れが付きやすくさらに虫歯になりやすくなります。

 

歯磨き前にデンタルフロスなどで歯と歯の間をきれいに掃除します。最後に1時間経過したくらいで丁寧な歯磨きをします。

 

食後すぐに歯磨きをしないというのは赤ワインだけでなく、通常の食事でも同じことです。

 

質問3.の歯石がある人は、すぐに歯医者へいってクリーニングしてください。歯石をきれいに取ってくれます。赤ワインを飲んでも妙に目立つ黒い部分がなくなると思います。

 

あと、よく言われるのが、ワインのプロは定期的に歯のメンテナンスを行っているそうです。
赤ワインが好きな人は日ごろからメンテナンスする意味で、ホワイトニング歯磨き粉を使うことをおすすめします。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
おいしい赤ワイン堪能してください。飲んだあとのメンテナンスをお忘れなく!

スポンサードリンク