歯のクリーニング(PMTC)、知らないと困ること

歯のクリーニングについて、知らないと困ること

あなたに、言いたいのは、歯の着色汚れをすぐに取りたいなら、歯のクリーニング(PMTC)がおすすめです。

 

いつのまに、こんなに自分の歯は汚くなったのか。

 

気づいた時はもう遅い。一生懸命歯磨きしても、歯の着色は落ちない。

 

着色汚れの歯が、どれだけ、悪い印象を与えることか、わかりますよね。

 

だって、そんな歯でキスはできません。

 

時間を見つけて、歯医者で歯のクリーニング、早く行ってください。

 

でも、歯のクリーニングとPMTCというのは、実は違います。

 

あなたが知らないと困ること、「歯のクリーニング」について、しっかり学んでください。

 

格安でクリーニングを受けることができますよ。

 

それでは、詳しく説明しますね。


スポンサードリンク

歯のクリーニング、PMTCについて、知らないと困ること

 

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略です。

 

PMTCと歯のクリーニングは基本、同じ意味です。

 

歯のクリーニングは歯の着色を落とすことがメインではありません。
現在、あなたの歯に起きている異常をチェックし、予防措置をとっていくことです。

 

具体的に説明します。

クリーニング(PMTC)とは
歯磨きでは取れない歯垢、歯石を専門家による機械的な歯の表面清掃のことです。
歯周ポケットの中で育つ歯垢も取ります。

 

歯の表面を機械で清掃した後は、ジェットパウダーできれいに仕上げます。
最後にフッ素をぬることで、歯の表面を強くします。

 

では、記事のテーマである、歯のクリーニング(PMTC)、知らないと困ることを具体的に説明します。

 

歯医者へ行って、
「歯の着色を取りたいのでPMTCして下さい」と安易に言ってはいけません。

 

PMTCは保険適用外で、1回5千円以上かかることも。

 

歯のクリーニングは、保険適用内で、1回3千円以内です。

 

歯のクリーニングとPMTCの最大の違いは、

 

歯の清掃の中に、歯石除去が発生すれば、治療となり、保険適用されます。

 

あなたの歯に歯石がなく、ただ着色汚れの清掃だけだと、治療とみなされず、保険適用外となり高い費用が発生します。

 

「PMTCをして下さい」というと、ちょっと意地悪なお医者さんにあたると、悲惨なことに。

 

あなたの歯に実際には歯石があっても、歯石除去せず、歯の清掃だけされると、保険適用外。
(そんな意地悪な歯医者さんはきっといないと思いますが)

 

だから、歯医者さんへ行ったときは、PMTCとは言わずに、

 

「しばらく歯医者に行ってないので、歯のチェック、検診をお願いします」と言ってください。

 

そして、チェック中に、「歯の着色汚れが気になるんですけど、落ちますか」と言ってください。

 

きっと、歯のチェック後、最後に着色落としもやってくれるはずです。

 

でも、ちょっと安心してください。

 

歯に着色汚れがあるような人は、きっと歯石もあるので、歯のクリーニングとなり、保険適用されるはずです。

 

 

歯のクリーニングとPMTCの違いは理解していただいと思います。

 

初めてのクリーニングでは歯がきれいになるまで歯医者へ通う

きっと、あなたは1回のクリーニングでは終わらないと思います。

 

歯の状態にもよりますが、複数回通うことになります。

 

あきらめずに、歯石、着色汚れを取りきるまで通ってください。

 

定期的に歯のクリーニングすることはおすすめ

正直、歯に着色汚れがつきやすい人は、3〜4か月に1度クリーニングしてください。

 

私の経験談ですが、今では3か月に1度クリーニングに通ってます。

 

理由は、歯磨きの下手さが治らないためです。

 

歯科衛生士に、歯並びの悪いところに歯石ができやすいとの説明で、歯磨きのやり方を習いましたが、30年以上の自分の歯磨き方法はそう簡単に治りません。

 

クセになっているからです。

 

4か月ほどすると、歯並びの悪いところに歯石がついてきてるのがわかります。と同時に歯の着色も気になりだします。

 

私の結論として、自分の歯磨きでは清掃は無理で、定期的なクリーニングに頼ることにしました。

 

 

あなたも忙しい生活をされているかもしれませんが、ちょっとの手間で、きれいな歯を取り戻し、不安のない生活をすごしてください。

 

歯のクリーニング、すぐに、歯医者へ予約してください。

 

PMTCとクリーニングは全然違う内容

私が書いている内容が誤解を与える内容と気づき、今回訂正いたします。

 

私の間違った認識

私は、PMTCと歯のクリーニングは同じ医療行為と思ってました。
単純に、歯石取りがあれば、クリーニングとなり、保険適用で3千円。
歯石取りが無ければ、保険適用外でPMTCになると。

 

正しい内容

歯のクリーニングの行われる方法は、「エアブレーション」、「エアフロー」、または、機材の名前から、「クイックジェット」と呼ばれます。
詳細は塩粒を圧縮空気の力で歯面に吹き付け、ステインなどの歯の汚れを飛ばす方法です。

 

PMTCは、歯の傷(凹部分)をなくすように、表面研磨(削る)して、歯の表面をフラットにすることです。
歯の汚れは歯の傷(凹部分)に蓄積されるので、歯の表面から傷を消せば、汚れがつかなくなります。

 

歯のクリーニングは、歯石があれば、保険適用となります。

 

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク