一番早く簡単な口元の若返り方法!長持ちする秘訣も教えます

口元を若返りを熱望している方へ

口元の老化が気になっている方がたくさん。

 

くっきりほうれい線、顔のたるみ、しわなど、悩みが一杯。

 

あなたも、少しでも若若しくいたいために、日々努力してるはずです。

 

化粧品やクリーム、顔の体操など、たくさんのアンチエイジング方法が紹介されてますね。

 

でも、案外気にしてないのが、歯の色。

 

あなたの歯の色はきれいで白いですか。

 

黄ばんだ歯の色を白くするだけで、5歳は若く見えるというのは通説です。

 

あなたも想像してみてください。

 

歯が白いと、口元まわりも明るくなり、ほうれい線、たるみやしわが目立たなくなる効果があるんです。

 

私が口元若返り方法として、歯を白くすること(ホワイトニング)をすすめする理由は、一番簡単で早くできるからです。

 

「ほうれい線を消す、たるみやしわをのばす」といった広告宣伝や口コミで化粧品・クリームを買ってると思いますが、効果があるのかないのか、あってもいつなのか不安ですよね。

 

でも、お金を使いながら、続けないといけない。あなたに効果があるのかわからないのにね。

 

あなたの歯の色を白くする費用は2〜3万円からもっと高額な場合もあります。

 

費用の差は、あなたの歯の状態によります。

 

あまりにも高額な方法しかでいのであれば、あきらめて今あなたがやっているアンチエイジングを続ければいいと思います。

 

でも、あなたの歯がホワイトニングできれば、すぐに若若しいあなたを手にいれることができます。

 

では、これから、あなたの口元を若返らせる歯を白くする方法を教えます。参考にしてください。


スポンサードリンク

あなたの口元を若返らせる具体的な方法

 

歯医者で歯のクリーニング

まず、最初に行ってほしいのは、歯医者で歯のクリーニングです。

 

クリーニングは、あなたの歯の異常(虫歯、歯垢、歯石)をチェックします。
(虫歯は別途治療となります)
歯垢、歯石を除去し、歯の黄ばみ(着色汚れ)をとります。

 

クリーニングだけでも、あなたの歯本来の白さは取り戻せます。

 

もともと、日本人の歯の色は白いというよりは、少し黄色がかった色です。

 

その上、加齢や長年の歯磨きで、歯のエナメル質が薄くなり、内部の象牙質の色(黄色)が見えてくることで、黄ばんだ色が目立っていることもあります。

 

審美歯科でオフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯を白くする方法としては、一番最速な方法です。

 

費用は平均5〜6万円かかるといわれますが、探せば、もっと安く施術しているところもあります。

 

オフィスホワイトニングは、1日で歯を白くすることも可能なので、最初にホワイトニングする方法としておすすめです。

 

歯科医院はホワイトニングをしてないところもあるので、審美歯科がいいと思います。

 

↓審美歯科を詳しく知りたい方はコチラ↓

 

定期的なホームホワイトニング

オフィスホワイトニングは3〜6か月で効果が薄くなります。

 

安い審美歯科を見つけたのなら、オフィスホワイトニングを定期的に施術します。

 

しかし、費用が高いと思うなら、2回以降のホワイトニングはホームホワイトニングがいいと思います。

 

ホームホワイトニングは、あなたの歯の型をとりマウスピースを作ります。

 

あとは、自宅で、マウスピースに歯を白くする薬剤をいれ、歯に2〜3時間装着します。

 

1〜2週間ほどで歯が白くなり、6〜12か月ほど持続します。

 

また、歯の色が気になりだしたら、歯医者から薬剤を購入するだけで続けることができます。

 

 

ホワイトニングで歯を白くし、あなたの口元を若返らせましょう。

 

自宅で歯の着色を抑える方法

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング後の歯の白さをもっと長続きさせる方法があります。

 

自宅でいつもやっている歯磨きと同じです。

 

しかし、あなたがいつも使ってる歯磨き粉では、歯の着色を落とすには非力です。

 

専用の「歯を白くする歯磨き粉」を使います。

 

ただし、市販の歯磨き粉よりは高いので、市販の歯磨き粉と併用することをおすすめします。

 

ホワイトニングと歯を白くする歯磨き粉で、あなたの若返った口元を持続させてください。

 

明るい笑顔が印象的になりますよ。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
あなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク