歯を白くする歯磨き粉の研磨剤ありなしに神経質になるな!

研磨剤ありの歯磨き粉は本当にだめなのか

近頃、巷では、「研磨剤ありの歯磨き粉を選ぶな」みたいな風潮があります。

 

理由は、研磨剤ありの歯磨き粉で歯を磨くと、エナメル質にキズができる。
キズが歯の黄ばみになったり、虫歯になるから。

 

だから、研磨剤なし、研磨剤フリーの歯磨き粉を選んで下さいと宣伝されてますね。

 

私の考えでは、
歯磨き粉であれば、研磨剤ありなしは気にするな!
です。

 

理由はあとで説明します。
もう少し、研磨剤について詳しく説明しますね。


スポンサードリンク

研磨剤ありなしは気にするなの理由

あなたは、歯磨き粉の成分を見て、どれが研磨剤かわかりますか。
きっと、そこまでくわしくないですよね。
研磨剤の成分名称は以下のとおりです。

  • ヒドロキシアパタイト
  • ピロリン酸カルシウム
  • ピロリン酸2Ca
  • 卵殻
  • 含水ケイ酸
  • 酸化チタン
  • 重質炭酸カルシウム
  • シリカ
  • 炭酸Ca
  • マイクロクリスタリンワックス
  • 無水ケイ酸
  • リン酸水素カルシウム
  • リン酸2Ca

 

では、「研磨剤ありなしは気にするな」の理由を書きます。

あなた、研磨剤がはいった歯磨き粉で歯を磨くとホントにエナメル質にキズがつくと思いますか?

 

もし、本当なら、そんな歯磨き粉、悪い評判が立つでしょう。
今までに、歯磨き粉でキズがつくなど聞いたことありますか?
きっとないと思います。少なくとも私はありません。

 

そんな商品を世に出したら、その会社はつぶれますよ。

 

確かに昔はタバコのヤニ落とし専用の歯磨き粉がありました。
でも説明書には「毎日使うな、歯ブラシに力を込めてゴシゴシ磨くな」と書いてありました。

 

歯磨き粉に入っている研磨剤の量で磨いても大丈夫なんです。
もし、エナメル質に若干のキズがついたとしても、歯の再石灰化機能で元に戻る程度。

 

だから、研磨剤ありなしに神経質になる必要はありません。
もし気をつけるとしたら、説明書をしっかり読んでください。注意書きは特に。

 

使っちゃいけない研磨剤とは?

歯をきれいにする研磨剤として、有名なのは「重曹」ですね。
台所まわりの掃除に使う定番商品です。
重曹は歯磨き粉として開発されたものではありません。
研磨剤の粒も大きいので、頑張って磨くと、、ほんとにエナメル質にキズが付きます。
キズが深いと元にはもどりません。

 

他には、すごい人もいますね。
紙ヤスリで歯の黄ばみを取ったとか。
でも、歯の表面が気になって歯医者に行ったところ、とっても怒られたそうです。

 

歯磨き粉以外で歯を磨くのは危険です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
あなたの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク