失敗しないエステで歯のホワイトニング

エステサロンで歯のホワイトニング、注意すべき5つのキーワード

エステでホワイトニングは大丈夫なのか疑問がある方へ

歯のホワイトニングが身近になりましたね。
歯医者や審美歯科だけでなく、エステサロンでもホワイトニングができるようになりました。

 

でも、実際、大丈夫か不安に思っている方もいるようです。
ヤフー知恵袋に相談されている方や、実際にやった感想を投稿している方も。

 

私もいくつかホームページをみました。
すると、おやっと思うことが多々あります。

 

あなたが関心のあるホワイトニング、
失敗しないために、注意すべきキーワードを5つ紹介しますので、参考にしてください


スポンサードリンク

知っておきたい5つのキーワード

  1. 過酸化水素
  2. 歯本来の白さ
  3. 歯科医、ホワイトニングコーディネーター(歯科衛生士)がいる
  4. 歯科医による歯の事前チェック
  5. セルフホワイトニング

 

上記のキーワードの組み合わせで考えてみます。

 

ちょっと、誤解、勘違いがないように整理しておきますが、

ホワイトニングとは、歯を白くすること。
歯の着色汚れを落とすこととは別です。

 

ケース1:ホワイトニング

「過酸化水素を使う」、「歯科医・ホワイトニングコーディネーターが事前チェックを行う」と説明されていると、歯に問題がなければ、ホワイトニングできます。
過酸化水素を歯に塗布し、歯の外、内側の色素を漂白します。
日本では薬事法により、歯科医などの国家資格がないと過酸化水素はつかえません

 

ケース2:歯の着色汚れを落とす

「過酸化水素を使わない」、「セルフホワイトニング」、「歯本来の白さ」を説明されている場合は、歯は白くなりません。歯のステインなどの汚れを落としきれいな歯にすることです。
エステにいかなくても、歯医者で歯のクリーニングをすることと同じです。
もっと、安い費用で行いたいなら、実績のある美白用歯磨き粉を自分で購入すれば着色汚れを落とすことは可能です。

 

ケース3:過酸化水素は使うけど、歯医者がいない、歯の事前チェックがない

危険です、違法である可能性が高いので、絶対いってはだめです。

 

番外編:ホワイトニング費用がめちゃめちゃ安い

オフィスホワイトニングは5〜6万円からかかるのがふつうです。
でも、顧客を得るために、不当に安くしているエステもあります。
たとえば、3000円程度でホワイトニングしますなど。

 

実際、安いエステへいった感想がありました。

施術に関し、事前説明もなく、とりあえず、3回やりましたが、あまり変化は見られませんでした

 

やっていただいた衛生士っぽい人は、白くしたいなら1回2万円位する強いホワイトニングもあると説明されたそうで、でも痛みが凄いですよといわれました

 

上記の経験談はいろいろつっこみどころが満載ですね。

 

施術内容は、ホワイトニングではなく、歯の着色汚れを落とす施術のようです。
初心者は、ホワイトニングとセルフホワイトニングの違いがわからないことをねらっているのかもしれません。
セルフホワイトニングは、汚れをとる、歯をきれいにすることで、白くすることではありません。

 

痛みが凄いという点は、現在の技術では、痛みを和らげるいろんな工夫をされるので、痛みが凄いということはないと思います。
逆にそれほど痛むのであれば、ホワイトニングの問題ではなく、歯や歯茎に異常があるためだと思われます。

 

ホワイトニングできるかどうかは、歯の事前チェックでわかります。
無理な場合は、まず歯の異常をなくす、治療をするところから始まります。

 

どうですか、ホワイトニングについて重要なキーワード理解していただけましたか。

 

エステサロンですることが失敗ということではありません。

知識がないことで、不愉快な思いをするのはあなたです。

 

5つのキーワードを考慮して、このエステはホワイトニングできるのか、歯の着色汚れをおとすだけなのかの判断はできると思います。

 

他にわからない点があれば、実際エステで確認してください。

 

セルフホワイトニングで満足することも

ホワイトニングする場合、必ず事前に歯の着色汚れは落とす必要があります。
理由は過酸化水素が浸透しづらいからです。

 

ここで、おやっと思うことがあります。
歯の汚れを落としただけで十分で、高額のホワイトニングをしない方も多いようです。

 

長年自分の汚い歯を見てきているので、自分のきれいな歯で満足される方も。

 

ホワイトニングした歯や汚れをとったきれいな歯を維持するために美白用歯磨き粉を使う方もたくさんいらしゃいます。

 

あなたには「歯を白くする歯磨き粉」をおすすめします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
あなたの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ